追加入金時の設定事項

レバレッジ1倍運用の場合

①入金額が10万ドル以下の場合: 何もしなくて大丈夫です。システム側での設定及び追加注文は必要ありません。次回金利発生時刻以降(次回金利がプラスの場合)に自動で現物通貨と同量のショートポジションが構築されます。 ※次回金利発生時刻以降とは、9:05頃, 17:05頃, 1:05頃を指しています。

入金額が10万ドル以上の場合: システム側での設定は必要ありません。追加注文に関しては、新規注文(レバレッジ1倍)を参考に、成行注文で複数回に分割する(目安:1万ドル/回)か、指値注文のご利用を検討ください。

次回金利発生時刻以降(次回金利がプラスの場合)に自動で現物通貨と同量のショートポジションが構築されるため、②で手動注文を行いたい場合は、入金から初回の9:05頃, 17:05頃, 1:05頃を跨がない様に注意してください。

レバレッジ2倍運用の場合

①外部レンディングサービスを利用していない場合: 再度、初期ポジションの構築を行ってください。この場合、一度レバレッジ1倍に下げて合計100%の注文を行うようにしてください。保有する現物通貨と同量だけ(=100%)ショートポジションが構築されたことを確認できたら、レバレッジを2倍に戻します。

続いて、運用サーバーのデスクトップに配置されたreadファイルを実行(クリック)してください。 ※サーバーへのアクセス方法はサーバー接続をご参考ください。

②外部レンディングサービスを利用している場合: システム側での設定は必要ありません。レバレッジ2倍の状態で、追加入金を行った現物通貨と同量だけショートポジションを構築します。具体的な注文方法は新規注文(レバレッジ2倍)を参考ください。

②の場合、レバレッジ1倍で契約数100%で発注後に、レバレッジの設定を2倍に変更する方法は用いないでください。あくまでレバレッジ2倍の状態のままで注文を行ってください。