Bybit API取得(2種類)

【重要】こちらの手順で発行した「APIキーのみ」を運営にご提出ください。

(APIシークレットキーは後ほど利用しますのでご提出せずにお手元で保管ください。)

bybitでAPIを取得する流れ

  1. bybitでAPIを取得するには運用サーバーのIPアドレスが必要になります。まずはこちらを取得します。
  2. IPアドレスが手元にある状態で、APIキーとAPIシークレットキーの2種類を取得します。

IPアドレスの取得方法

1. 運用サーバーにアクセス

リモートデスクトップから運用サーバーにアクセスします。※アクセス方法は前の章をご参考ください。 画面左下のアイコンをクリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

2. ファイル名を指定して実行

名前に「cmd」と入力して「OK」へと進みます。

3. コマンド入力

コマンドプロンプト画面で「ipconfig」と入力し、[Enter]を押します。

4. IPアドレスの表示

IPv4 アドレス]または[IPアドレス]の値が、使用しているパソコンのIPアドレスです。 (例108.44.43.22)

次の手順でこちらのIPアドレスが必要になります。大切に保存して置きましょう。

APIの取得方法

1. アカウント&セキュリティの選択

ログイン後、画面右上にあるアカウント名にカーソルを合わせます。 表示されたメニューから「アカウント&セキュリティ」を選択します。

2. APIキーの新規発行

画面上部で「API管理」のタブを選択します。

このような画面が表示されるので、右上にある「新しいキーの作成」をクリックしてください。

3. 必要情報の入力

  • APIキー使用:「APIトランザクション」を選択

  • 名前:任意の名前を入力(例 bybit)

  • IPに接続する:先ほど取得したIPアドレスを入力

  • キー許可:「注文とポジション」を選択

最後に2段階認証コードを入力すれば、設定完了です。

4. 設定完了

設定完了後はAPIの設定内容が表示されます。

こちらに表示された「APIキー」「APIシークレットキー」の2点をコピーして、ご自身のわかりやすい場所に保管しておいてください。(どちらも利用するのでコピーは必ず2点ともお願いいたします。)

2点のコピーが完了しましたら、「APIキー」のみを運営に提出してください。

APIシークレットキーは一度画面を閉じてしまうと再度確認することが出来ません。

(コピーを忘れてしまった場合は、再度アクセストークンを発行する必要があります。)